Cave de K 求人のお知らせ

Cave de K 働いてみませんか?
未経験の方、大歓迎
一度、お電話してください

075-231-1995 田端まで

百薬の長

ども。


ケラーのそよ風 長谷川です。


今日はちょっとふざけて自由研究をしてみました。


酒は百薬の長とかなんとかいいますがそれは適量であればの話ってのはよく言われることです。


では適量とはなんぞやと言うことで調べてみました。


20181110.jpg


写真がないと寂しいのでかわいい子を挟んでから…


厚生労働省しらべとやらで発表されているのは


純アルコールで20ml


純アルコールをだす計算式で導き出すと


ビールだとだいたいロング缶一本。


ワインなら2杯程度。


ウイスキーなら2ショットくらい。
 
 
 
 
 
 
え…まじすか。


余裕でこえてるっす。


でも人によって適量は違うはず…ということで


毎日ウイスキーだとだいたい一本くらいは飲まなきゃやだと公言している西田マスターの適量を計算してみました。


ぶっとんでるほうが面白くなりそうだし。


式は


液量×アルコール%×比重の0.8=純アルコール量


一本は700ml、度数は40%と仮定して計算してみると


700×0.4×0.8=224


224!!


20と224!!


ということで西田マスターの肝臓は軽く見積もって常人の11倍の処理能力があると言うことがわかりました。恐ろしや。
 
 
 
 
 

適量と言うのはあまりにアバウトで参考にしにくいですが


泥酔しないための基準として一度計算してみるとわかりやすいかもしれませんね。


私も気をつけますー。