オールドフィッツジェラルド

Good afternoon!!


雨が降ったり止んだり、そんな季節がやってきましたジメジメ井上です。


今回もバーボンの紹介を。
オールドフィッツジェラルド。


20180610.jpg


1849年にケンタッキー州で、ジョン・E・フィッツジェラルドによって造られました。


このウィスキーは優秀と認められ、禁酒法時代でも政府から医薬品としてのバーボン造りが認められていました。


伝統的なサワー・マッシュ製法で造っていますが、少し他と変わっているところは主原料のトウモロコシのほか、副材料としてライ麦ではなく、小麦を使っているのが特徴です。


これによって他のバーボンとか少し違うまろやかな味が感じられます。


こんな湿気の多い日にはハイボールがおすすめです。

では本日もお待ちしております。