Rosebank

今日も素晴らしいお天気ですがそろそろ梅雨前線がやって来るのでしょうか…


ジメジメとはなかなかお友達になれません。


皆さんこんばんは。
keller小阪です。


本日はこちらのボトルをご紹介致します。


20170516.jpg


Rosebank ローズバンク


英語だと薔薇銀行と直訳できますが、こちらはゲール語のため「野薔薇の堤」という意味になります。


1840年にローランドのキャメロン地区に創業されたローズバンク蒸留所。


通常モルトウイスキーは2回の蒸留工程を経て製造されることが一般的ですが、ローランドでは3回の蒸留を行い、より純度の高いウイスキーが生産されるのが伝統でした。


かつてローランド地区にはいくつもの蒸留所が稼働していたそうなのですがウイスキー過多供給期に閉鎖を余儀なくされた蒸留所が相次ぎ、ローズバンク蒸留所も1993年に閉鎖されてしまいました。


ローランド地区では現在


グレンキンチー蒸留所
オーヘントッシャン蒸留所
ブラドノック蒸留所と


稼働、流通している蒸留所は数限りなくなって参りました。(現在3回蒸留を行っているのはオーヘントッシャン蒸留所のみ…新しく新設された蒸留所もありますがまだ製品化されておりません)


ウイスキーとの出会いは一期一会…。


ぜひこの機会に1度飲まれてみてはいかがでしょうか?


では、失礼致します。