松尾大社還幸祭

みなさん、こんにちわ。今日は5月14日に行われる松尾大社の還幸祭のご案内です。


松尾大社は、渡来人秦氏が一族の氏神として信仰した古い社が起源とされ、文武天皇の大宝元年(701年)に現在の地に社殿が造営された。


大山咋神・市杵島姫命を祭り、境内に霊亀ノ滝、亀ノ井の名水があり、醸造の祖神として、全国の酒造家、味噌、醤油、酢の製造及び販売業者の信仰が厚い。


室町初期の作で松尾造といわれる本殿(重文)ほか拝殿、釣殿、楼門など社殿が多く、平安初期の作とされる等身大の神像は重要文化財に指定されている。


20170509.jpg


この松尾大社の神事に僕も先日の神幸祭に引き続き、還幸祭にもご奉仕に行ってまいります。


お近くの方は是非見にいらしてください!ホイット!ホイット!