続・グレーンウイスキー

こんばんは。
いつも元気な松林です。


今回も前回に引き続きグレーンウイスキーを紹介させていただこうかと思います。


前回は スコットランドにあるグレーンウイスキーの蒸留所 原料だったので今回は蒸留機を。


モルトウイスキーには単式蒸留機。いわゆる ポットスチルが使われるのに対してグレーンウイスキーには連続式蒸溜機が使われます。


その蒸留機はスコットランドでロバート・スタインが1826年に発明しました。そして1830年、アイルランドのイーニアス・コフィーが連続式蒸溜機を改良し12年間の特許を取得。


連続式蒸溜機とは、ポットスチルのように1回ずつ発酵液を沸騰させて蒸溜液を得る方式ではなく、連続的に発酵液を流し入れ、気化と凝縮をひとつの蒸溜機の中で連続的に行うことで、高いアルコール度数の蒸溜液を得られるという蒸溜システムです。


現在は更に改良された アロスパス式蒸留機やスーパーアロスパス式蒸留機が使われています。


では 今回もグレーンウイスキーを一本。


20170331.jpg


コンパスボックス
ヘドニズム

前回もそうでしたが、こちらも ブレンデッドグレーンウイスキーになります。


異なる蒸溜所からグレーンウイスキーを集めてブレンド。コーンから蒸溜したものもあれば、小麦から蒸溜したものも。原材料 樽の違いを活かし作られています。


香りも味わいもキャラメルのような甘さが感じ取れます。
じんわりと余韻が続きます。


それでは 本日もお待ちしております。