ヘンリーマッケンナ

Good afternoon!!


僕らの帰る早朝は毎日痛いくらい寒いです。誰かかじかんだ手を温めて下さい、井上です。


普段僕がプライベートでお酒を飲むとき一番多いのはバーボンの水割りです。


今回はたまにはバーボンの紹介を。


20170110.jpg


Henry Mckenna(ヘンリーマッケンナ)。


アイルランド人の青年ヘンリーマッケンナ氏がアメリカのケンタッキー州に移り住み1855年にバーボンを作り出したのが始まりで、創業当初は1日に1樽くらいしか生産できない全てを手作業でやってました。


人気があるのになかなか入手できない為幻のバーボンと呼ばれていました。


今でもその思いを残し現在でもほとんどの行程が手作業で行われています。


香りは上品に甘く、余韻も長くコクがあり、バーボンの荒々しいイメージとは少し違う1本。


この機会にぜひお試しあれ。


さあ冬本番がスタート。皆様冬の寒さにマッケンナ!!


本日もお待ちしております。