協力:有限会社フードライナー

おまけ
踊る人
PICO MACCARIO

PICO MACCARIO | ピコ マッカリオ

ピコ・マッカリオ社はピエモンテ最大70haの畑を所有するワイナリーです。同社の所在地モンバルッツォはバルベラダスティ、バルベラ・デル・モンフェッラートなどのワインで知られる地域で、バルベラ種の完熟に最も適した海抜180mに位置する、粘土質で適度な硬度の土壌からはワインに際立ったボディーと豊かな香りを与えます。
農学者、植物病理学者である、Gianluiji Veggi博士 により、慎重に、選択された技術を栽培に導入し、土壌と環境の完璧な調和の中、健全な葡萄が育てられ、醸造家Roberto Olivieri、Yves Glorie の指導により発酵、熟成が行われます。最新の設備が、施されたワイナリーでは、各行程が、コンピューターにより制御されています。

PICO MACCARIO

BARBERA D’ASTI DOC LAVIGNONE
バルベラ・ダスティ “ラヴィニョーネ”

バルベラ100%。完熟した葡萄を収穫し、ソフトプレス。10?12日間マセラシオン後、発酵。熟成はステンレスタンクにて、数回移し変えしながら9ヶ月間。リリースまでにさらにボトル内熟成。濃いルビーレッド色。チェリー、プラムや赤い実の濃厚で、魅惑的な香り。ストラクチャーがしっかりしており複雑で、アロマティックな味わい。余韻が長い。適温18℃。

PICO MACCARIO

BERRÒ CHARDONNAY DOCG
ベッロ シャルドネ

シャルドネ100%。完熟した葡萄を収穫し、ソフトプレス。短期間のマセラシオン後、温度管理の下、選ばれた酵母を使って発酵。一部、マロラクティック発酵。熟成はステンレスタンクにて、4ヶ月間。リリースまでにさらにボトル内熟成2ヶ月間。濃い麦わらイエロー色。濃厚で、フレッシュな香り。花やエキゾティックフルーツを思わせる、繊細なアロマ。程よく柔らかい口当たりと微妙なアロマのニュアンスのバランスが良い、辛口白ワイン。適温8?10℃。

PICO MACCARIO

BERRÒ BARBERA D’ASTI DOCG
ベッロ バルベラ・ダスティ

バルベラ種100%。完熟した葡萄を収穫し、プレス後8日間スキンコンタクト、マセラシオン後、マロラクティック発酵。熟成はステンレスタンクにて、7ヶ月間。リリースまでにさらにボトル内熟成5ヶ月間。ルビーレッド色。フルーティーで、芳しいアロマ。アロマッティックで、飲み易い味わいの辛口赤ワイン。適温15℃。

PICO MACCARIO

VILLA SPARINA | ヴィッラ・スパリーナ

ヴィッラ・スパリーナ社はガヴィ・ワインの優れた生産者として国内外で長い間高い評価を得てきており、またここ最近のヴィンテージのより優れた品質でもって、この種のワインの生産者としてトップ・クラスの座を揺るぎ無いものとしています。品質向上の過程には、ブドウの収穫量の徹底的な削減(スパリーナ社の畑のブドウは一粒一粒の栄養分を高めるため、房の下部3分の1が切り落とされており、台形を逆さにしたようなおかしな形をしている)や、18世紀から建つ美しいヴィッラ(屋敷)の中にある醸造設備の精力的な近代化が挙げられる。また所有者であるモッカガッタ家の尽きないワインへの情熱と、築き上げてきた“成功”に基づく自信も原動力となっている。特徴的なラインのボトルに詰められたヴィッラ・スパリーナ社のワインは世界中で多くの人々に愛飲されている。

PICO MACCARIO

GAVI DOCG DEL COMUNE DI GAVI
ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ

コルテーゼ・ディ・ガヴィ100%。色彩は薄くグリーン色を帯びた麦藁色、リンゴや花の様な華やかで複雑な香りを持ち、味わいはきりっとした酸味とさわやかな果実味とのバランスが良くとれている。余韻も長くすっきりとしている。

PICO MACCARIO

MONTEROTONDO”
GAVI DOCG DEL COMUNE DI GAVI
“モンテロトンド”
ガヴィ・デル・コムーネ・ディ・ガヴィ

コルテーゼ・ディ・ガヴィ100%。フレンチ・オークのバリック(225L)にて発酵、熟成もバリックで6ヶ月、ボトリング後最低1年間セラーで熟成。輝きを帯びた麦わら色。花やトロピカルフルーツの華やかな香り。味わいは濃く、蜂蜜やバター、樽からくるトースト香が印象的。新鮮さを十分に残しながらも滑らかで凝縮感のある力強い白ワイン。

PICO MACCARIO

“RIVALTA”
MONFERRATO DOC ROSSO
“リヴァルタ” モンフェッラート ロッソ

リヴァルタ・ボルミダ地区で栽培されたバルベラを使用。フレンチ・オークのバリック(225L)で発酵、熟成もバリックで12ヶ月、ボトリング後最低1年間セラーで熟成。完璧な熟成がもたらすスミレ色がかった濃いルビー色。ブラックチェリーやミント、胡椒、ヴァニラ、コーヒーの香りを連想させるたっぷりとした深みのある香り。高貴なタンニンと果実味のバランスがよく取れた滑らかで豊かな味わい。

PICO MACCARIO

“MONTEJ”
MONFERRATO DOC BIANCO
“モンテイ” モンフェッラート・ビアンコ

シャルドネ、ミュラートゥルガウ、ソーヴィニヨンブラン。標高250-300M、南西向きの石灰質土壌畑より。ステンレス・タンクで2週間かけて18℃でアルコール発酵。花の香りが特徴の魅惑的な、地ワイン。ピュアさが持ち味の繊細で豊か、滑らかな味わい。白身肉、魚料理にぴったり。適温12℃。

PICO MACCARIO

“MONTEJ”
BARBERA DEL MONFERRATO DOC
“モンテイ”
バルベラ・デル・モンフェッラート

バルベーラ100%。標高300-320M、南西向きの粘土を含む石灰質土壌畑より。ステンレス・タンクで2週間かけてアルコール発酵、マロラクティック発酵を行う。その後80%ステンレス、20%バリックで4ヶ月間熟成してボトリング。濃いルビー・レッド色、濃厚でかつ心地良い果実の香り。丸味のある芳醇な味わいが、口いっぱいに広がる。非常に果実味豊かな一本で、余韻も長く楽しめる。

PICO MACCARIO

“MONTEJ”
ROSE MONFERRATO CHIARETTO DOC
“モンテイ” ロゼ

バルベーラ、ドルチェット。標高350-400M、南西向きの粘土を含む石灰質土壌畑より。ステンレス・タンクで2週間かけて18℃でアルコール発酵。バラの花びらを連想させる花の香り豊かな、初々しくフレッシュな、魅力的なワイン。飲み心地の良さが持ち味。